• ホーム > 研究会のお知らせ
  • 研究会のお知らせ

    • ■地籍問題研究会 第22回定例研究会のお知らせ

    •  地籍問題研究会では、このたび、第22回定例研究会を下記の日程にて開催するはこびとなりました。


      ■地籍問題研究会 第22回定例研究会

      ・日 時   平成30年7月21日(土)13:00〜
      ・会 場   ひめぎんホール 多目的室(愛媛県・松山市)

      【JR松山駅から】
      ・伊予鉄市内電車(道後温泉行)で約15分  南町・県民文化会館前で下車
      ・伊予鉄バス(道後温泉駅前行)で約20分

      【松山市駅から】
      ・伊予鉄市内電車(道後温泉行)で約10分  南町・県民文化会館前で下車
      ・伊予鉄バス(道後温泉駅前行)で約15分

      【松山空港から】
      ・伊予鉄バス(道後温泉駅前行)で約40分
      ・リムジンバスで約30分

      【松山観光港から】
      ・伊予鉄バス(道後温泉駅前行)で約45分
      ・リムジンバスで約35分  南町・県民文化会館前で下車

      【駐車場】
      303台(地下91台、北84台、西120台) 30分ごとに100円(大型200円)

      ・テーマ   明治以降の土地制度から学ぶ登記所備付地図、建物所在図の有用性と必要性
             〜愛媛からの発信〜
      ・協 力   :愛媛県土地家屋調査士会
              愛媛県公共嘱託登記土地家屋調査士協会
              日本土地家屋調査士会連合会
      ・趣旨説明  :岡田潤一郎氏(日本土地家屋調査士会連合会会長)

      ・第1部 講演
        藤原勇喜氏(当研究会監事)
         「地券・地租と奥書割印制度について」
        竹内康博氏(愛媛大学法文学部人文社会学科教授)
         「墓地の現状と土地法制について」
        中矢博司氏(松山市都市整備部交通戦略推進官)
         「地籍調査を効果的に利用した都市計画について」
        江口幹太氏(法務省民事局民事第二課地図企画官)
         「今後の法務局の地籍調査への協力について」
      ・第2部 報告と質疑応答等
        <報告>
        「法14条地図作成事業等の活動報告」
        公益社団法人愛媛県公共嘱託登記土地家屋調査士協会
         「道後地区14条地図作成事業の経済的成果」
         「建物所在図作成作業の成果と提言」
         「山間部地籍調査作業の報告と諸問題」

        <質疑応答等>
        
        

      以上




      ※ 過去の定例研究会のお知らせはこちらをご覧ください。